URLを変更した記事をリダイレクト(転送)する方法

WordPressプラグイン

WordPressでは記事のURLを変更してもRedirectionプラグインを使えば簡単に旧URLから新URLへリダイレクト(転送)することができます。

WordPressでサイト運営をしていると、途中で記事やカテゴリーの整理を行ってURLを変更することがあります。

そのまま変更すると元のURLでアクセスすると当然「HTTP 404 NOT FOUND」になります。

これを避けるにはApacheで運用しているサイトでは.htaccessファイルでURLの移動を設定する必要があります。

でもこの.htaccessの編集を間違えると最悪サイトにアクセスできなくなったりするので危険です。

そこでWordPressにはこのような時に簡単にURLの転送が行えるプラグイン「Redirection」があります。

Redirectionプラグイン

まずはRedirectionを利用するためにWordPressにインストールします。

インストールは管理画面のプラグイン→新規追加から簡単に行うことができます。

Redirectionの使い方

Redirectionを有効化すると管理画面のツールに「Redirection」という項目が出るようになるのでそれを選択します。
Redirectionプラグインの転送設定画面

上記画面の

  • 「ソース URL」に変更前のURL
  • 「ターゲット URL」に変更後のURL
を設定するだけで、変更前のURLにアクセスされると変更後のURLに自動で転送されるようになります。

まとめ

せっかくユーザーがアクセスしても「404 NOT FOUND」になってしまうのはとてももったいないです。

本当に簡単で1度設定するればいいだけなので、URLの変更を行った際は必ずRedirectionを使ってリダイレクト(転送)するようにしましょう。

以上、「URLを変更した記事をリダイレクト(転送)する方法」でした。