function.phpを編集なしでコード追加するCode Snippetsの使い方

WordPressプラグイン

WordPressでサイトを構築していくと、どうしてもやる必要が出てくるのが、ちょっとした機能追加。

そのためにはfunction.phpにコードを追加する必要も出できます。

しかしこのfunction.phpの編集を間違えると「管理画面にログインできない。サイトも真っ白の表示」のような最悪の事態を招きます。

そんな時に便利なプラグインが今回紹介する「Code Snippets」です。

function.phpに安全にコードを追加する「Code Snippets」

Code Snippetsは安全にかつ簡単にfunction.phpにスクリプトコードを挿入してくれます。

WordPressをカスタマイズして使いたいときは必須のプラグインです。

Code Snippetsのインストール

Code Snippetsのインストールは下記の手順で行います。

  • STEP1
    管理画面の「プラグイン」→「新規追加」を選択
    WordPressにプラグインをインストールする時に選択するメニュー
  • STEP2
    表示されたボックスに「Code Snippets」を入力
    WordPressにプラグインをインストールする時に入力するボックス
  • STEP3
    プラグインをインストールして有効化
    Code Snippetsプラグインインストール画面

Code Snippetsのfunction.phpへのコード追加

Code Snippetsを使ってfunction.phpへコード追加する方法は以下の手順で行います。

  • STEP1
    管理画面の「Snippets」→「Add New」を選択
    Code Snippetsプラグインの新規スクリプト追加画面
  • STEP2
    スクリプト名、コードを入力後、画面の一番したの登録ボタンを押下
    Code Snippetsプラグインのスクリプト編集画面
  • STEP3
    登録したコードをSnippetsの一覧画面で確認
    Code Snippetsプラグインのスクリプト一覧画面

文法的エラーや全角の空白などが入っていると
CodeSnippetsでのエラー発生時画面

のような画面が表示され登録できません。
(ブラウザーの戻るボタンで画面を戻してエラーを直せば登録できるようになります。)

まとめ

Code Snippetsはスクリプトを安全にかつスクリプトごとに「有効/無効」を切り替えられるので、多くのカスタマイズをされる方にはジャストフィットのプラグインです。

しかも「function.php」を直接編集するわけではないので、WordPressのテーマの更新や変更しても影響を受けずにコードが使えるところが大きなメリットの1つでもあります。

以上、「function.phpを編集なしでコード追加するCode Snippetsの使い方」でした。