AddQuicktagでよく使うタグややショートコードを簡単に使えるようにする方法

WordPressプラグイン

AddQuicktagプラグインを導入するとWordPressで記事を書く時によく使うタグやショートコードを登録することで簡単に呼び出すことができるようになります。

各タグやショートコードに名前を付けて登録することで目的のものが素早く探せるようになります。

AddQuicktagプラグイン

AddQuicktagは記事を効率よく書く上で非常に強力なプラグインなので、WordPressでサイトを立ち上げたら必ず入れておきたいプラグインですね。

機能

AddQuicktagは記事を書く際のHTMLエディターやビジュアルリッチエディターで定型の入力やショートコードなどを登録し、簡単に呼び出すことができるうようになるプラグインです。

インストール方法

AddQuicktagのインストールはWordPressの管理画面から行えます。

  • STEP1
    管理画面の「プラグイン」→「新規追加」を選択
    WordPressにプラグインをインストールする時に選択するメニュー
  • STEP2
    表示されたボックスに「AddQuicktag」を入力
    WordPressにプラグインをインストールする時に入力するボックス
  • STEP3
    プラグインをインストールして有効化
    WordPressプラグインAddQuicktagインストール画面

設定方法

AddQuicktagのインストールが完了したら自分独自の設定をしていきます。

  • STEP1
    AddQuicktagの「設定」をクリック
    WordPressにプラグインAddQuicktagの設定方法
  • STEP2
    設定画面に内容を登録
    AddQuicktagの設定内容
  • STEP3
    設定した内容がボックスに表示される
    WordPressプラグインAddQuicktagの設定結果
設定する内容は
  1. ボタンの名前
  2. 開始タグと終了タグ(終了タグが不要の場合は空白で可)
  3. エディター上に表示する順番
  4. どのエディターに表示するか
の4点を設定するればOKです。

また、AddQuicktagは設定をJSON形式のファイルをインポートしたりエクスポートしたりできるので、複数のWordPressサイトで設定を共有して使うことも可能です。

まとめ

AddQuicktagは同じことを何度もタイプするようなショートコードや定型表現を登録して再利用することで、記事作成の効率を高めてくれるプラグインです。

余計な手間が大幅に省けるのでぜひインストールして作業の効率かを目指してください。

以上、「AddQuicktagでよく使うタグややショートコードを簡単に使えるようにする方法」でした。