初心者のための正しいWordPressの歩き方。

初心者のためのWordPress入門

プラグイン

AddQuicktagで定型入力やショートコードを簡単に使えるようにする方法

投稿日:6月 5, 2018 更新日:

WordPressプラグイン

WordPressで記事を書く時によく使うショートコードや、定型表現を何度もタイプするのは面倒ですよね?

そんな時に一度ショートコードや定型表現を登録しておけば、いつでもHTMLエディターやビジュアルリッチエディターから呼び出せるようにしてくれるプラグインがあります。それが「AddQuicktag」プラグインです。

AddQuicktagプラグイン

AddQuicktagは記事を効率よく書く上で非常に強力なプラグインなので、WordPressでサイトを立ち上げたら必ず入れておきたいプラグインですね。

機能

AddQuicktagは記事を書く際のHTMLエディターやビジュアルリッチエディターで定型の入力やショートコードなどを登録し、簡単に呼び出すことができるうようになるプラグインです。

インストール方法

AddQuicktagのインストールはWordPressの管理画面から行えます。

  • Step1

    1.管理画面の「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

    WordPressにプラグインをインストールする時に選択するメニュー

  • Step2

    2.表示されたボックスに「AddQuicktag」を入力します。

    WordPressにプラグインをインストールする時に入力するボックス

  • Step2

    3.プラグインをインストールして有効化します。

    WordPressプラグインAddQuicktagインストール画面

設定方法

AddQuicktagのインストールが完了したら自分独自の設定をしていきます。

  • Step1

    1.管理画面のプラグインからAddQuicktagの「設定」をクリックします。

    WordPressにプラグインAddQuicktagの設定方法

  • Step2

    2.表示された設定画面に内容を登録していきます。

    WordPressプラグインAddQuicktagの設定画面

  • Step2

    3.投稿画面を開くと設定した内容がボックスに表示されます。

    WordPressプラグインAddQuicktagの設定結果

また、AddQuicktagは設定をJSON形式のファイルをインポートしたりエクスポートしたりできるので、複数のWordPressサイトで設定を共有したり、テーマ作成者が用意してくれた設定を読み込んで使うことも可能です。

まとめ

AddQuicktagは同じことを何度もタイプするようなショートコードや定型表現を登録して再利用することで、記事作成の効率を高めてくれるプラグインです。

余計な手間が大幅に省けるのでぜひインストールして作業の効率かを目指してください。

以上、「AddQuicktagで定型入力やショートコードを簡単に使えるようにする方法」でした。

-プラグイン

Copyright© 初心者のためのWordPress入門 , 2018 All Rights Reserved.