WordPressの管理画面にログインできなくなった時の対処方法

WordPressの基本

WordPressの管理画面(ログイン画面)にログインできなくなった時にまずは落ち着いて行うべき行動があります。

WordPressでサイトを運営していると、必ずと言っていいほど直面するトラブルのうちの1つ。

管理画面にログインできなくなる。

これほど肝を冷やす瞬間はありません。

今回はそんな時の対処方法をいくつか。

WordPressの管理画面にログインできなくなった時の対処方法

管理画面にログインできなくなると言っても、大抵の場合の原因はその直前に行った作業が原因のことが多いです。

直前にプラグインをインストールした

これは本当にびっくりしますが、慌てずに対処すれば簡単にログインできるようになります。

この場合はインストールしたプラグインフォルダーの名前を変えてしまいます。

WordPressのプラグインは「wp-content/plugins」フォルダー配下にいるので、そのプラグインフォルダーの名前を変えます。

そうすることでWordPressは該当のプラグインを読み込まなくなるので、管理画面にログインできるようになるはずです。

直前にfunction.phpを編集した

もしかするとこの「function.php」の編集が一番多いかもしれませんね。

文法エラーもそうですし、文字コードや意外と気づかないのが「全角の空白」が入ったり。

それだけで簡単に管理コンソールにログインできなくなります。

この場合も慌てずにFTPツールなどでサーバーにアクセスして該当箇所を修正するか、バックアップのファイルを戻すことで管理画面にログインできるようになります。
(バックアップは必ずとってから作業しましょうね。)

直前にphpのバージョンを上げた

これは以前に経験したのですが、PHPのバージョンを「7.1」にバージョンアップしたところ、管理画面にログインできなくなりました。

この時は前出の「プラグインフォルダー」の名称を1つずつ変えながら管理画面にアクセスすると「EXEC PHP」というプラグインのフォルダー名を変更した時点で管理画面にログインできました。

なのでそれ以降わたしは「EXEC PHP」というプラグインをインストールしてません。

まとめ

万が一WordPressの管理画面にログインできなくなっても、慌てることなくじっくり対応をしていけばきっと回復できるはずです。

またできれば定期的にWordPressのバックアップをとっていつもでも戻せるようにしておいた方が無難です。

以上、「WordPressの管理画面にログインできなくなった時の対処方法」でした。