WordPressの固定ページにカテゴリーをつけて分類する方法

WordPressの基本

WordPressの固定ページにカテゴリーを設定するにはちょっとしたPHPのソースが必要です。

WordPressには固定ページと投稿ページの2種類がありますが、固定ページには投稿ページにある「カテゴリー」が存在しません。

でも企業サイトなどを固定ページで作成している場合などには「カテゴリー」で分類したい時があります。

そんな時は「function.php」にちょっとしたソースコードを書き加えることで実現できます。

WordPressの固定ページにカテゴリーをつけて分類する方法

WordPressの固定ページにカテゴリーをつけて分類する方法ですが、function.phpを編集することで実現できますが、わたしは「Code Snippets」プラグインを使ってやってます。
「Code Snippets」プラグインの使い方はこちらの記事を参考にしてください。
WordPressプラグインfunction.phpを編集なしでコード追加するCode Snippetsの使い方

固定ページにカテゴリーをつける

実際のソースコードは以下のようになります。

add_action( 'init', 'add_categories_for_pages' ) ; 
function add_categories_for_pages()
{
    register_taxonomy_for_object_type( 'category', 'page' ) ;
}
add_action( 'pre_get_posts', 'nobita_merge_page_categories_at_category_archive' ) ;
function nobita_merge_page_categories_at_category_archive( $query )
{
    if ( $query->is_category== true && $query->is_main_query()){
        $query->set( 'post_type', array( 'post', 'page', 'nav_menu_item' )) ;
    }
}

このコードをfunction.phpに貼り付けて固定ページを新規作成すると
WordPressの固定ページにカテゴリーを付加した結果
のように「カテゴリー」を選択するボックスが表示されています。

まとめ

WordPressの固定ページにカテゴリーをつけるにはfunction.phpにソースを書き加えることでできます。

ただし、必ずfunction.phpのバックアップを行ってから作業してください。

以上、「WordPressの固定ページにカテゴリーをつけて分類する方法」でした。